価格設定:心理的財布の大きさの違い

リザーブストック

価格設定:心理的財布の大きさの違い

ここに1冊の本があります。

この本には、あるノウハウが書かれています。
そのノウハウとは、
「100% イベント集客を30名までなら1か月でできる確実な方法」

このノウハウに価格をつけるとしたら・・・
人によって違ってきます。

 

ノウハウにお金をかけたくない人は
買おうと思わないでしょうし、
1か月後に1万円参加費のセミナーを30名集めたい人は
5万円でも払いたいと思うでしょう。

上記は
「個人間消費内での心理的財布」と呼ばれるものです。
同じ商品に対して価値観が異なります。

もう一つは
「個人内消費間での心理的財布」
一人の人間の中でも、時々の場所
ファーストフードでウーロン茶が300円だったら買わないが
スナックであれば高いとも思わない。
あるいは、
お金の出所
・自分で稼いだお金
・親からもらったお金
・会社の経費
によって、支出しても良い価格は変わってきます。


ここで必要なのが「教育」です。
ステップメール
メールマガジンを通して「教育」することで
サービス・商品への欲求は高くなります。
そして、心理的財布は大きくなります。

炊飯器

炊飯器が10万円以上すると顧客はすぐに決断を
できかねますが、
その他の炊飯器より
圧倒的においしいご飯を炊けるとなれば
状況は変わってきます。

どれだけサービス・商品のクオリティが高いのか
説明ができれば
購買意欲が高まり
心理的財布は大きくなります。

 

次のページ

イベント・セミナー価格設定時のマジックとは??

相手を納得させる自己ブランディングの作り方とは??

 

適正価格はどのくらい??

リザーブストックオフィシャルトレーナー伊藤伸一から

定期的に【無料】でグループコンサルティングや

ウエブセミナーを受講できる方法があります。

その方法とは??

 


リザーブストックオフィシャルトレーナー伊藤伸一 © 2015 All Rights Reserved. Frontier Theme