相手に伝わりやすい文章

伝わりやすい文章のコツ

伝わりやすい文章3つのコツ

相手に伝わりやすい文章3つの秘訣

伝わりやすい文章とは?
そのヒントを提供します。

<<例>>
否定形はできる限り使わない。
×:私は風邪のため、その会議には出席しなかった。
○:私は風邪のため、その会議を欠席した。
肯定形表現に変えられるものは、書き換える。

<<例>>
述語の共用に気をつける。
×:朝会では、諸連絡や配布物が配られます。
○:朝会では、諸連絡が行われ、配布物も配られます。
述語が変わるので、つなぎ方に注意。

<<例>>
主語を長くしない。
×:1週間前に骨折をして病院でリハビリ中の私は、
     毎日のように読書に励んでいる。
○:私は、今では毎日読書に励んでいる。
  それは、1週間前に骨折をして
  病院でリハビリ中であるからだ。
主語が長くなる文は、文章を分ける。

 

次のページ

 

キャッチコピーを極めると申し込みが大きく増える

ブログ一文のちょうどよい長さ

リザーブストック活用のヒント

 

集客できないのには訳がある。

1時間50分マンツーマンコンサルティング

(リザーブストック使い倒し23の特典付)

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/2189


リザーブストックオフィシャルトレーナー伊藤伸一 © 2015 All Rights Reserved. Frontier Theme